西安の城壁のマラソン「土煙」に発砲するじゅうよん万ランナー「線」と走って-新網-sexhu

西安の城壁マラソン「土」の中で14万走っていた者「線」と走ります-中新ネット中の新社西安11月5日のニュースは22回の西安城壁国際マラソン大会が5日に西安の城壁で開催されました。27の国と地域から3000人の選手が「オンライン」に応募した14万人以上のランナーが共同で参加しました。西安の城壁は600年の歴史として、全世界の唯一の完備古城壁のマラソン大会が行われ、今回のコンテストのコース設置や中国じゅうさん時代のシンボル的な歴史と文化の記号。同大会は1993年から21回にわたって開催され、参加者数は5万人を超え、60カ国と地域を超える外国人選手が参加し、多くの国や地域の要人や有名人、有名な選手が参加者として出場した。今回の西安城壁国際マラソン大会は初めて「線」マラソンを開通し、約14万人のランナーが同時に今回の試合に参加した。連日、西安に遭遇雾霾に襲われ、西安市気象台のご日ななしち時にじゅう分配信土煙黄色の警告。新社の記者は現場で見ていたが、試合当日の空気の中では、気温が低く、気温は低いが、参加選手と地元の人々の情緒は依然として高まっている。「これは私が初めて5キロマラソンを記念して、このメダルを手に入れてくれて嬉しいです。これからもマラソンイベントに参加します。」西安の市民王伟雄、今の人々はますます健康を重視して、運動、国民全体の運動がいっそう広まっ。紹介によると、マラソン大会当日は、参加者が任意の場所を使ってオフィシャルライセンスの運動大会記録ソフト完成マラソン規定の距離、公式戦認証完を得ることができる。この競技形式は「線マラソン」である」。「線」のマラソン大会に熱心な参加者として、西安のある外資系企業に勤めていたのは、これに対して、「週末走ってもメダルを得ることができます。」と書いている。今年は、重慶、武漢、ソウル特別市で行われたマラソン大会に参加しました。」今回の試合には、個人5キロ、28キロ、ハーフマラソン(株式キロ)3種目8組が設置され、各8名を採用した。(終わる)

西安城墙马拉松“霾”中鸣枪 14万跑者“线上”同跑-中新网   中新社西安11月5日电 (梅镱泷 张一辰)第22届西安城墙国际马拉松赛5日在西安城墙开赛。来自27个国家和地区的3000名选手与“线上”报名的14万余名跑者共同参与本次比赛。   西安城墙已有600多年历史,作为全球唯一一个在完整古城墙上进行的马拉松赛事,本次比赛的赛道设置凸显中国13个朝代的标志性历史和文化符号。   该项赛事从1993至今已成功举办21届,既往参赛人数逾5万人,有超过60个国家和地区的外籍运动员参加,也曾有多个国家和地区的政要、知名人士及著名运动员作为参赛嘉宾莅临赛场。   本届西安城墙国际马拉松赛首次开通“线上”马拉松,约有14万余名跑者同时参与此次比赛互动。   连日来,西安遭遇雾霾侵袭,西安市气象台5日7时20分发布霾黄色预警。中新社记者在现场看到,比赛当日空气中伴随着雾霾,气温较低,但参赛选手和当地民众情绪依然高涨,发令枪响后,有民众用手机在进行赛事“直播”,并与网友进行互动,分享赛事精彩瞬间。   “这是我第一个5公里马拉松纪念奖牌,拿到这个奖牌很高兴,今后会继续参加马拉松活动。”西安市民王伟雄说,现在的人们越来越注重健康和运动,全民运动更加深入人心。   据介绍,马拉松比赛当日,参赛者在任意地点使用赛事官方授权的运动记录软件完成马拉松赛规定的距离,即可获得官方完赛认证。此种比赛形式即为“线上马拉松”。   作为一名“线上”马拉松比赛的热衷参与者,供职于西安某外企的杨帆对此可谓轻车熟路,他在微信朋友圈写到:“周末跑跑步还可以获奖牌,何乐而不跑?今年我已在‘线上’参加了重庆、武汉以及韩国首尔举行的马拉松赛事。”   本届比赛设有个人5公里、13.7公里、半程马拉松(21.0975公里)3个项目8个组别,各组均录取前8名成绩。(完)相关的主题文章: